ACS International|ACSインターナショナル

アジア各国の生徒の留学先として抜群の人気を誇る。インドネシアのジョコ・ウィドド大統領のご子息も2014年に卒業


  • 1886年に設立された135年の歴史を持つ伝統校で、当地でも知名度の高い進学校
  • IGCSE 、IBDPを採用する共学中高一貫校 (シンガポール人が半数)
  • 学生寮がつき、多くの留学生が卒業まで在籍
  • 世界トップ10と言われるIBDPの成績を残す独立系のACS Independent、外国人を受け入れる本校ACS International Schoolまで、6校のグループ校から成り立ち、グループ校合わせた総生徒数は1万人を超える
  • 多くの公立進学校を抱えるMethodist Churchが母体
  • 部活、リーダーシップなどの課外活動も活発で、伝統的に文武両道を奨励(オリンピック水泳ゴールドメダリストのJoseph Schooling氏は、ACSグループ校の卒業生)
  • ACS Old Boys Association(卒業生団体)は、卒業生である国の指導者、実業家、起業家、アスリートが所属しており、卒業後も結束が非常に強い

 

 


よくある質問

入学試験の内容は何ですか?
数学と英語(2時間半)と面接とNon Verval Reasoning Testという知能検査的な試験です。Year 3、4、5入学希望者は、サイエンスの試験(2科目)も加わります。ただし、Year 4(Pre-IB)に関しては、サイエンス試験免除になります。
入学試験の対策は?
Y1を目指す生徒さんには、PSLE(シンガポール小学校卒業試験)の問題集をお勧めしています。それ以降の学年については、ローカル校の問題集が適当です。関数電卓の使用ができますので、できるだけ慣れておいてください。Bridgingのコースは数学が1学年早い範囲まで出題されますので、ご注意ください。(例えば、中1のBridgingは中1修了の範囲まで出題)
入学試験はいつ受けられますか?
毎週月曜に入学試験を行っています。アプリケーションを提出する際に、希望日をお伝えください。弊社へ日本語へご連絡ください。

入学試験成績はいつ出ますか?
試験後1週間ほどかかります。
始業・終業の時間を教えてください。
8時〜3時15分
IGCSEのYear 4(G10) IBDPのYear6(G12) 入学へ途中入学はできますか?
できません。Year 4とYear 6は試験があり、また2年コースの途中になり、今まで現在の在籍校で習ってきたこととの整合性が合わない場合があるからです。ただし、Year 4の生徒さんは、Foundation IB(1年)かPre-IB Bridging(1年)への入学ができます。

ブリッジングクラスに入った場合は、学年が終わる前にメインストリームにはいれますか?
普通は英語力を高めるため、通常ブリッジングクラスで1年間学びます。場合により、生徒の英語力がメインストリームと十分と判断されれば、査定をします。

ブリッジングクラスとは、どの科目になりますか? ブリッジングクラスで学習する場合、ネイティブスピーカーの生徒と接する機会はどのくらいありますか?
ブリッジングクラスは、1年間のクラスで、すべての教科をこちらのクラスで習います。ランチの時間にあるハウスの時間、部活動(CCA)は学年をまたいでメインストリームにいるシンガポーリアンの生徒などと一緒に活動します。

進学の条件は何ですか?
通常、非常に不十分な学業成績の場合以外は、進学が可能です。ただし、IBDPに進学するには条件があります。

IBDPに入る条件は何ですか?
’O’Level  最大20点、IGCSEでの最低成績は、Aが2つ、Bが2つ、Cが2つです。HLを受ける場合は最低Bの成績が必要になり、SLを受ける場合はCが必要です。